これでも中国が脅威ではないと?

下手すると中国がまるで平和国家だと誤解している人までいるから恐ろしい。

台湾は日本の生命線!:軍事台頭で「ポスト米国」目指す中国―軍タカ派の新著が描いた中華民族「危険な夢」
中華主義は未だ消えず、世界征服を狙ってます。

国民が知らない反日の実態:中国の問題点
このようにマスコミが伝えない中国の実態もある。
頑張っているのはせいぜい産経くらいか。

中国を見誤ってはいけない。
国民一人一人には良い方も居られるだろうが、中国政府は全く信用にならないし、
中国国民は事実上中国共産党の奴隷である。
日本在住者も本国からの圧力を受けるだろう。
こんな中で外国人参政権を認めるのは正気の沙汰ではない。

この記事へのコメント

通りすがり
2017年10月16日 07:48
永山さんの「台湾は日本の生命線」に貼られていたリンクで読まさせて頂きました。

この記事へのトラックバック