任天堂、「Wiiはサード製ゲームが売れない」を思い込みに過ぎないとごまかす

任天堂第3四半期決算説明会質疑応答 2010/01/29
2ページ目で岩田社長が任天堂はサードのゲームが売れないのは思い込みだと言っているが、
その根拠が数字のマジックを使ったごまかし。
任天堂を除いた北米ではサードの売上は変わらないという根拠で、
Call of Duty:MW2を除くって、それもサードの売上だろうが。
しかも、根拠は北米限定。
それは何故か、特に日本のデータを入れると
Wiiでは任天堂以外は売れないという文字通りのデータが出てきてしまうからです。
このサード製が売れない件については既に日本だけでなく海外でも言われている事です。
思い込みだとする任天堂の説明は子供だましですね。
任天堂、えげつない所は変わらんな。

そうそう、1ページ目のiPadの感想についても、
「枯れた技術の水平思考」という言葉が一人歩きし過ぎているのかもしれませんが、先端テクノロジーと無縁でビデオゲームのビジネスはできません。先端技術のことが分からずにわれわれのビジネスもできません。

とはいうものの、実際の発売ハードが任天堂はハイテクを否定しているのを示してます。
というか任天堂はハイテクを追求したハードを一度も作っていません。
その時代の技術背景からしたら。
ハイテクを追求してきたと言えるのはむしろSCEです。

実際Wiiを発表した時だって、ゲームの開発費負担が大きくなるとして、
高性能追求を否定して、Wiiがあのようになったんじゃないですか。
ハイビジョン対応すらせずにGC1.5程度のハードで。
でも、宣伝広告費に1000億位掛けたのでは立つ瀬が無いでしょう。
それだけあれば、ゲーム一体何本作れるのやら…

任天堂は本当に口だけだよなぁ。
都合が悪くなると、しれっと黙って前言翻すし。
GCの時のメディアの大容量非難もそうでした。
で、しれっとWiiでDVD相当ドライブ採用…

なんにしろ、Wiiで性能競争から降りた以上は、もし高性能ハードを作る気になっても手遅れでしょう。
SCEみたいに歴代で性能を劇的に上げる事は無理です。
蓮舫議員みたいに「2位ではだめなのか?」を地でいったのが
今になって誰の目にも明らかなほど悪影響が表にでて、Wiiだけ前世代機みたいな映像という状況なのですから。
今ではPS3も開発方法がこなれてきて、
マルチプラットフォームで流用追求しながら開発なんて変な考えを起こさなければ、
アンチャーテッドシリーズや、HEAVY RAIN等といった高度なゲームも作れますからね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック