アメリカの醤油は買うな

アメリカの醤油は化学合成醤油で麹による発酵を用いない偽物醤油だそうだ。
その訳がアメリカの食品関係の法律にあり、
平たく言えば、「訳のわからない工程で作られた食品の製造を禁止」ということで、
その内容では、酵母の発酵はありでも麹の発酵はNGだというスカポンタンな基準が存在するそうだ。
だから(現地法人含む)アメリカ企業が国内で醤油を造って販売するには麹の発酵抜きの化学合成に頼らざるを得ないという、醤油の概念に挑戦する馬鹿げた事になっている。

という訳でアメリカで醤油が欲しいなら日本製の輸入品に頼るしかない。
ちなみに、アスペルギルス・オリゼー(Aspergillus oryzae)が黄麹の学名で、
アメリカでは日本製の輸入品には原料として記載があるそうな。
清酒、味噌、醤油、みりん、焼酎などなど日本では幅広く使われていて、
誰が名付けたか通称「日本の国菌」。
オリゼーなければ日本人は生きていけないと言っても過言では無い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック